M   o   t   e   g   i     '   0   7






会場半景「左」 当日のツインリンクもてぎは好天に恵まれてオートボルテージュ日和 Extra300S レッドブル塗装のエクストラ300S。操縦はこの競技で初の日本人選手となったチーム・ディープブルーズの室屋義秀選手
Extra300S 愛嬌を振りまく室屋選手。乗ってる人の表情まで良く判る絵が撮れるのも茂木のいいところですな Extra300 しかしレッドブルっていろんなモータースポーツに首突っ込んでますがそんなに儲かってるんですかね
Xtreme300 ドイツ製のエクストリーム3000という新鋭機。短い胴体は複合素材のフルモノコックなのでのっぺり風味 Xtreme300 操縦桿を握っているのはこの機体を開発した張本人、フィリップ・スタインバッハ選手
Su-31M ジャイロ効果を利用した機動から降下に転じるSu-31M。操縦は茂木ではお馴染みになったミハイル・マミストフ選手 Su-31M 腹を見せるSu-31M。Su-31と26はキャノピの形で見分けますが、それが見えない腹側でも脚が伸びてるかガニ股かで識別可能
Su-31M 長い円筒状の機首に黒い防眩塗装なんで旧陸軍の中島キ115「剣」を連想してみたり Su-31M とは言え星形エンジンならではの円筒機首は力強いフォルムが魅力
Su-26 こっちの赤黒、ソビエト連邦生まれと大書きしているのはSu-26。 Su-26 操縦は茂木のアイドル、スベトラナ・キャパニナ選手
Su-26 後ろ姿。このテの曲技競技機は操縦桿を結構高い位置で掴む様に出来ている模様 Su-26 垂直上昇を見せるSu-26
Su-26 白いSu-26はスベトラナ・フェデレンコ選手。このスベトラナさんは肝っ玉母さん風。彼女のが若いんですが Su-26 スタンド通過後に上昇するSu-26
Su-31/26 競技前にスホーイ乗りの4人がフォーメーションのデモを見せてました Su-31/26 ちゃんとしたチームでもないのに演技がサマになっているのは流石であります
Pioneer Microlight Formation Team イタリアから参加のパイオニア・マイクロライト・フォーメーションチーム。 Pioneer Microlight Formation Team 機体はパイオニア300ホーク。首輪式の引込脚まで付いてるけども超軽量機の仲間なんだそうな
Pioneer Microlight Formation Team パワーがない機体なので派手な機動はないがタイトな演技や素早い編隊の組み替えなどが光っておりました Pioneer Microlight Formation Team フォーメーション演技は変化に富むので写真映えするのがいいですな
Pioneer Microlight Formation Team 1機だけカラースモークが出てなかったのが惜しい Pioneer Microlight Formation Team アクロバットチーム空撮の第一人者として高名な徳永克彦氏とのフォトセッションなんだそうな
Robinson R22 今年もデモにきていたアルファ・アビエーションのロビンソンR22。写真の天地はこの向きで合ってます U-125 空自百里救難隊のデモ。U-125は茂木初参加なんで照明灯をフレームに入れるとサーキットぽくならないかなあ
UH-60J 同じく救難隊のUH-60。空自と言えば今年はブルーインパルスJr.が不参加になってしまったことが悲しい Mazda Aerobatic Team 2機編成のエクストラ300Lはマツダ・アエロバティックチーム。こんなチームを持ってたんですねえ
Mazda Aerobatic Team 公式パンフレットより『ドイツ生まれのエクストラはしばしばドイツ製高級車に例えられます』 Mazda Aerobatic Team だとしたらマツダの立場は一体…まあツインリンクはホンダの根城だしなあ
(いいのかよそれで)
Mazda Aerobatic Team こういう写真では本来手前の機体に合照してなきゃいかんのですがねえ。とほほ Flying Bulls 前身となるスカイボックスから数えて茂木への参加が4度目になる4機編成のチーム、フライングブルズ
Flying Bulls 午後には雲が出てしまい機体に陽が当たったり当たらなかったりという状況 Flying Bulls 二重のバックトゥバック編隊
Flying Bulls 今年はオートボルテージュの二大巨頭、ユルギス・カイリスとピーター・ベゼネイが不参加だったので… Flying Bulls 彼等に期待を掛けてましたが、その割にあまり良い絵が撮れなかったのが反省点のひとつ
Flying Bulls 4機編隊での超低空進入。現場でみるとかなり嬉しい Su-26 こっちの青白Su-26は茂木でも常連ののミハイル・マミストフ選手
Su-26 この人の演技の時も若干暗かったのであった あう 会場半景「右」 擂鉢状のスピードウェイを飛び抜けるスホーイ。何度来ても茂木は良いですな





トップ    ヒコーキ    ヒコーキ写真